国家・民族・宗教を超え、尊厳の関係性を創る
メタプラットフォーム

Dignity2.0国際カンファレンス
設立趣旨文

科学技術の進化発展により、人間代行者AIを生み出した。多くの肉体労働、知的労働の代替として活躍が見込まれるAIの誕生とこれからの発展は、多くの利便性をもたらすと同時に、人類に対し究極の問いを突き付けている。
それは、『人間の尊厳とは何か』という問いである。

AI時代とは、心の時代であると捉え、この問いに対する回答を出すことをもはや避けることはできないまでに人類社会は発展してきた。この心の時代を応援する教育が求められている時代に、最先端の分野において、未来社会を考え、未来の人間の在り方を探求している人たちが集い、本当の心と、本当の人間の尊厳とは何かを伝えることができる知恵を共有し融合していく場が必要ではないだろうか。貿易戦争が激しい時代にあり、国同士を争いの方向に向けるのではなく、新たな未来を創造し、ビジョン同盟を組むことができる。それを可能にすることが教育の役割である。

AI時代に必要な教育を全世界に普及していくムーブメントとして、「Dignity2.0国際カンファレンス」を全世界で実施し、これからの時代を牽引するリーダーの受け皿となる。これは、哲学、スピリチュアル、物理学、数学、科学など、すべての学問を融合し、全ての知識を大統合できる教育、技術を世界の基軸教育として普及していくムーブメントであり、今までとは次元が異なる新しい知識生産方式を共有するメタプラットフォームである。

この場では、最先端の多様な分野で活躍している人たちが一堂に会し、各々が探求していることを共有し、AI時代に必要な教育とは何かを考えていく。また、新たな教育を生み出し、AI時代の職業、技術、商品、産業を創出する。
2020年11月東京での開催を皮切りに、全世界の主要な都市に「Dignity2.0国際カンファレンス運営組織」を創り、世界的な組織として活動の場を広げる。大陸ごとにカンファレンスを進行するグループ自体もシステムで分化し、その国で「Dignity2.0国際カンファレンス」を経営する準備委員会は、国を代表する組織として創ることができる。各国において、それぞれのニーズに合った、人・ジャンル・方法を選択し、開催する。

AI時代の利便性の裏にある人間に対して突き付けられた問い。また、人間の大半が無用者階級になると揶揄される危機的な状態に対して、世界基軸教育で希望の大反転を創出し、尊厳を土台にした持続的な進化・発展を可能にする世界を実現するために、今日、「Dignity2.0国際カンファレンス」を設立する。

代表挨拶
皆さま、この時代をどのような時代とお考えでしょうか。 私は、時代に対する明確な診断と、的確な処方、そして効果的な薬を皆さまとともに共有し、勇気をもって新しい時代づくりに臨んで参りたいと想い、今日に至っています。 科学技術の進化発展により、人類は大きな恩恵を受けた一方で、人間代行者AIを生み出そうとしています。多くの肉体労働、知的労働の代替として進化発展し続けるAI。人間の仕事がA Iに取って代わられていくことで、私達は人間の存在意義を問われているように感じます。 人間の尊厳とは一体何なのでしょう。そんな問いを突きつけられているAI時代は、「心の時代」の到来であると言わざるを得ません。 私たちは、Dignity2.0国際カンファレンスの構想として、「SNS3.0」と題したAI時代における関係モデル創りを推進していきます。 それは、「“尊厳-Dignity”を生かした関係性」と「"SNS"というネット空間」との新しいつながり方を構築することであり、 このようにして日本発のコミュニティモデル、コミュニティプラットフォームを提案していきたいと思っています。 皆さまからのご意見を頂きながら、共に新しい時代を創っていけますことを祈念しております。

一般財団法人令和教育財団理事長
n Clinic院長

Speakers

(交渉中)

ノ・ジェス
nTech創始者

末石藏八
株式会社キシヤ 代表取締役会長

ドナ・ヒックス
ハーバード大学心理学教授

一龍飛 マインドームコーチ協会 インストラクター育成トレーナー

岩田千佳
n Clinic院長

ダニエル・J.シーゲル
UCLA医科大学精神科臨床教授

長岡美妃
AI 和合クリニック院長

パウレット・パイプ
メディテーション講師

風見雅子
nTech講師

マイケル・レイ
歯学博士

原田卓
アジアリーダーシップ研究所 代表

安田 真理
秋田Re・rise協会 代表

荒牧 明楽
OVER THE RAINBOW 代表

Schedule

開催日時

2021年令和3年 開催予定

お問い合わせ



Re・Riseフェスティバル